twitヘッドライン!

2011/03/05

ハワイ二日目 前編

同じ年の男が結婚するというのはなかなか不思議なものだ。
数年前とはいえ、ひとつ屋根の下で生活していた男だから余計感じるのかもしれない。
とは言っても大学の同級生は結婚率が高くて近い友人でも8割はもう結婚してるんだよな。
むしろ俺はマイノリティだし、アラサーなんだから他人の結婚を不思議がってないで自分の事心配しなさいとっていう。
でも結婚してたらなかなかハワイまで行って友人の結婚式に出るなんてできないよなー、こういうのできなくなるのは嫌だなー
なんて朝を迎えたのは朝の6時半。
昨日時差に負けて寝たのが良かったようで頭はすっきりしている。
天気が心配されたけど、私の日頃の行いで晴れてくれた。

とりあえず腹が減ったので昨日買い込んだ食材で朝食を取る事にした。
ハワイ
今見たらキングサイズって書いてあるからもう少し小さいのがあったのかもしれない・・・

ハワイ
部屋に備え付けのトースター

ハワイ
上手に焼けましたー!

ハワイ
ハムとチーズを添えて、、、

ハワイ
できたー!ガッツリやー!

見てもらえればわかるとおり結構ガッツリ。
まぁ味はAMERICA!って感じです。ハムとか塩分すごいしチーズも塩気がきつかったけど雰囲気というスパイスが旨いと感じさせるから不思議。


*******


ハワイ


待ち合わせの時間まで少し時間が合ったけど散歩がてら歩いてみることにした。
別の友人が沖縄で結婚式をした時と、姉が沖縄で結婚式をした時に着たかりゆしを今回も持参した。
やっぱこういう格好は南国の気候に合ってるのねーなんて思いフラフラ歩いていたら、
白人に英語で道を聞かれた。

そうですか、そこまで馴染んでますか。



*******


友人の泊まるヒルトンハワイアンビレッジはその名の通りちょっとした村だ。
ハワイの一等地に広い敷地を構えてその中に高層のホテルを数棟、飲食店やお土産やその他店舗、プール、プライベートビーチなどTHEバケーションといった感じ。

広いと言っても今まで質素な作りの部屋に一人でひっそり息をしていた男には眩しすぎた。


やがて約束の時間になると、華やかなホテルのロビーの中で一際存在感がある二人がやって来た。
タキシードとウェディングドレス姿の新郎新婦の登場である。

ハワイ


ヒルトンホテルから車で50分くらいかけて式場に行くとは聞いていたが、まさかこの時点で会ってしまうとは・・・。
直前まで会わないと思っていただけに驚きも大きい。

いくらヒルトンとはいえロビーでタキシードとウェディング姿の人がいたらそりゃ目立つ。
なんかよくわからない人が寄ってきて話始めたり、外人におめでとうとか言われたり。
さすが外人だよね。

新郎新婦ともビジュアルがかなりいい感じなんで、浮いてるけど浮いてなかった。



そして颯爽とリムジンに乗り込み式場へ・・・。

ハワイ
お前は王子様か!

ハワイ

二人を乗せたリムジンは一足先に式場へ・・・。



*******


残った親族と私は別のバスで式場へ向かう。
とは言っても私は新郎新婦の親族とお会いするのはこれが初めてである。
見た目でファーストインプレッションが期待できないのでファーストコンタクトがかなり重要だ。
ココでミスると今日一日がとんでも無い事になる。今日一番の山場と言っても過言ではないかもしれない。
今回式に参加するのは両家ご両親、新郎側に父方の兄夫婦、新婦側に弟とアメリカよりレディが二人(※後述)
そこに私というなんとも異質な形での参加となる。

新郎新婦が話をしてくれていたらしく(そりゃあたりまえだけど)挨拶と雑談。
まぁまだ会って数時間なのでお互い探り探りである。

式場へ向かう前に、新婦の学生時代のホームステイホストのメリーさんとその娘ケイティを拾うことになっている。
ご家族のみなさんは一様に英語での会話について心配されている。
新婦はペラペラなので彼女がいる時はスムーズに会話が進むらしいが、彼女抜きのシュチュエーションはこれが初めてとのこと。
ココは俺のウィットに飛んだトークでメリーさんも両家ご家族の心も掴むしか無い!
更に心強いのは新婦の弟がいるということ。

彼は確か4つくらい年がしただった。
近い若者は英語くらい出来るだろう。彼が訳した日本語を横取りしてご家族に展開すれば俺の株が急上昇に違いない!
頼んだぞ!弟!



私の不安をよそにメリー&ケイティを迎えにバスは走りだしたのだった。

後編に続く。



ハワイ一日目

2011.2.12 19時20分発  成田→ホノルル行き。

成田空港


中華航空 CI018便に乗り込んだ私は中華航空のCAのレベルの高さに中国の勢いを感じずにはいられなかった。
機内食ではお決まりの「ポークorフィッシュ」二択に対し、ポークを選択した私は出された皿の銀紙を開けて現れたのはカツ丼。
たしかにポークだけども・・・・。中華航空なだけにそこは中華だろ。




大学時代の友達の結婚式に出席という大義名分のもとハワイに行ってきた。
別に招待されたわけではない。来てもらえるなら歓迎するよ!と行ってもらっている程度だ。
なんでわざわざ行ったかといえば、以前同じく大学の友達が沖縄で挙式を行い半分押しかけで参加した事がある。
そうなってくると今回だけ行かないっていうのもまたアレだなと思い、意地みたいな所が大いにあるのである。
あと単純にハワイは行ってみたいっていう。

★ ★ ★ ★ ★


12日の夜に成田を出た飛行機は12日の朝にホノルルに到着した。
時差に慣れていないので頭が混乱する。
入国検査などをしてやっと外の空気を据えたのが8時過ぎ、まずはHISの息のかかった人間が出国ゲートの外でプラカードを持って待ち構えている。
同じ場所に集まったグループ客は親族一同らしい。HISの息のかかった人に私も同じグループかと尋ねられる。
違う一人だ。と手短に伝えると「え?」というリアクションをする。
いや、別に珍しいもんじゃないだろう。と思いながら、もしかしたらそういう人ってあまりいないんじゃ・・・と不安になったりする。
まずはホテルにチェックインまで時間があるので大きな荷物は預けられるらしい、今から荷物を預けに行けとの事。
荷物を預ける場所着くとアンちゃんがワゴンの前で待ち構えている。
さっきのグループ客達ははじめから知っていたのか、必要なものは小さなカバン、大きな荷物はサクっと預けている。

アンちゃんが連れはどうした?みたいな空気を出す。
また一人だと伝えると彼は「oh…。」と言いながら貝殻の首飾りをおもむろに私の首にかけ始めた。
正直動揺した。ハワイに来ると首にかけてくれるアレの貝殻版だ…。
一人旅で浮かれ気分で貝殻の首飾りとか、どんだけハッピー野郎か・・・。
そもそも花でできたのがふつうじゃないのか?貝ってどうなんだ?ってか「oh…」ってなんだよ!
と、いろんなコトを考えた。

逆に考えなきゃいけない預ける荷物については何も考えられず、
バックパックで来た俺はココで荷物を預けてしまうと、15時のチェックインまで冬の格好でいなくては行けない事になる。
考えるのが面倒になり、貝の首飾りをかけたままバックパックを持ってバスに乗り込んでしまった。


バスは一旦ワイキキの中心地にあるロイヤルハワイアンセンターの旅行代理店の営業所へ行くらしい。
一人大荷物を持ったままバスに乗り込む。他の客たちは既に荷物を預けているようだ。
事前にそういう話だったのかもしれない。俺が聞いてなかったのか。

バスの車内では林家ペーパー師匠が車内のビデオでいろいろ説明するが、人選を間違えているのではないだろうか。
けたたましくて全然内容が入ってこない。
やがてHISの営業所に着くと各々オプショナルツアーの手続きやらなんやらを始めた。
オプショナルなどを申込んでいない私はここでリリースされる。

この時点で9時頃。ホテルのチェックインは15時だ。
今回の旅行は12日から17日の4泊6日だったが、2日目の式に参加すること以外はノープランである。
初日から大きな壁。


とりあえず営業所においてあったPCで周辺の情報を漁る。
検索して出てくるのは買い物の情報やビーチ、あとはオプショナルツアーの情報位で私の触角に反応するものはなかった。
幸いにも営業所に貸しロッカーが無料で提供されていたのでそこに荷物をぶち込み、ついでにTシャツ短パンに着替えた。
身軽になった私はとりあえずブラブラしてみることに。
まずは円をドルに変えて、ツアーで提供される市内を循環している無料トロリーを活用してみることにしよう。
主要箇所はこのトロリーで回れそうだ。



ハワイ
オープンでなくオーペンな所に英語圏の意地を感じる。



トロリーで回れそうな場所は主に3エリア。
ホテルや免税店、ブランドショップ、飲食店が立ち並ぶワイキキ
少し北に行くと大きなショッピングセンターが観光客に人気のアラモアナショッピングセンター
更に北に行ったダウンタウン
初日ですることも決まっていなかったのでとりあえずトロリーで回れるところは全て回ってみよう。


HIS専用のトロリーバスが市内を巡回していた。
ローカルや他の旅行代理店のトロリーもあり、HISよりも行ける所も多いようだったが不自由はなさそうだ。
HISのトロリーは2路線があり
”ロイヤルハワイアンセンター⇔アラモアナショッピングセンター”
”アラモアナショッピングセンター⇔ダウンタウン”
ダウンタウンに行くにはアラモアナで乗り換えが必要だ。
とりあえずトロリーで市内を回ることに決め。とりあえずアラモアナをどんなもんか見てそのままダウンタウンを回ろう。
一人なので他人の意見を聞く必要は無い。予定を決めてしまうのは簡単だ。


カンカンカンと鐘を鳴らしながらトロリーが走り始めた。
客席がオープンになっているので、外の風がそのまま当たるので、走りだすとなんとも心地がいい。
朝も早かったせいか、道も車内も空いていた。
綺麗に区画された町並みを縫うように進んでいくトロリーのおかげで何となく、どこに何があるか分かってきた。
街並みにも直ぐに慣れて、海外にいるような気があまりしない。
待ちを歩く人に東洋人が多いのと看板に日本語表記があるせいかもしれない。
以前タイに行った時と比べると、沖縄にいる感覚に近い気がする。

やがてトロリーはアラモアナへ到着した。
とりあえずアラモアナショッピングセンター内を散策することに。
とりあえずホノルル来たらいくでしょ?っていう所らしく、午前中にも関わらず大いに賑わっていた。
巨大なフードコートはアメリカを感じさせたが、まだ外国にいるという実感はなかった
店舗内をざっと見るが、買い物に興味がないので直ぐに飽きてしまう。
一番あがったのはアメリカのアップルストアを見つけたこと。
早速入ってみたが、アップルストアの内装は国を問わず統一されているせいで、日本の銀座や渋谷と大きな差は感じなかった。
強いていうのであればスタッフの多さだろうか。
アップルストアの無料WiFiでせっせとツイートした後、その場を後にした。

ハワイ
おなじみの佇まい。比較的ホテルに近い所にもアップルストアがあったけど気がついたのは最終日だった・・。
ハワイ
中の雰囲気は日本と変わんない・・・。
ハワイ

ハワイ


そういえば腹がへったと想い店内を見渡すといい匂いがするエリアを発見、看板には”SHIROKIYA”の文字が。
思わず例のアフロヘアーを思い浮かべる。
店内に入るとアジア系の惣菜屋が沢山並んでいる。デパチカっぽい雰囲気だ。
無数に並ぶ弁当屋惣菜に思わず心踊る。
そしてハワイの初食が塩焼きそばと唐揚げとか・・・。

ハワイ



★ ★ ★ ★ ★


ダウンタウン行きのトロリーに乗り込んだが、ダウンタウンってなに?
ダウンタウンにさしかかると、だいぶ生活館が出てくる様になった。
ブランドショップが立ち並ぶエリアとは違いチャイナタウンや地元の人が使いそうなレストランなんかもある。
For Leaseの看板がかかった空き店舗も目立つ。
だいぶアメリカっぽさが出てきた。
しかし時差と満腹になったせいかすごく眠かった。早くホテルでシャワーを浴びたい。そればかり考えていた。

ハワイ
素敵な感じのお店があったけど、時間が早かったのか開いてなかった。


バスはダウンタウンから折り返してまたアラモアナの方に戻って行く。
途中スポーツオーソリティを見つけたので途中下車。
日本のスポーツオーソリティとは違い、さすが本場だけあって半端ない。
ルームランナーをはじめ事務用品が富裕に売ってる。
アウトドア用品がべらぼうに安い。まぁ日本が高いのかもしれないが。
釣りコーナーが上洲屋レベル。
etc…

ハワイ
ジムを開こうと思ったらココで全部揃いそう・・・。

ハワイ
トレッキングシューズに限らずアウトドア用品が日本と比べてかなり安い・・・。羨ましい。

ハワイ
SHIMANOもガッツリあった。上洲屋かと思った。

ハワイ
最近見ないなーと思ってた元気寿司だったけど、ハワイにあるとは…。日本ではどうなんだ?元気なのか?



そんな感じでふらふらしていたらなかなかいい時間になった。
待ちに待ったチェックインだ。

トロリーを乗り継ぎスタート地点に戻ると荷物を引っ張り出しHISの妙にラグジュアリーなバスで宿泊先のホテルまで送ってもらう。
アンバサダーホテル。
早速チェックインを済ませ部屋へ入る。

広い・・・。アメリカのホテルはこれが普通なのか?
元々ペアのプランだったので別途が二つあるのは分かるが、キッチンとバスルーム、リビングまで。。。
一人なのに・・。部屋に入って改めて一人だという事を再認識させられた感じがした。
いつも一人で旅行にいく時はドミトリーみたいな安宿か、良くてもビジネスホテルなので戸惑ってしまった。

ハワイ
結局4泊したけど一個しかベッド使わなかった。ベットメイクの人はさぞかし楽だったろう。


ともかく念願のシャワーを浴びて服を着替えた。
すっきりすると急に眠気が襲ってきた。
時間は16時をまわっていない。
とりあえずネット環境を確保しなくてはと思い部屋に備え付けられているLANポートとMacを繋ぐ。
事前に調べていた情報だと1日8ドルだったが、どうやら無料らしい。得した気分だ。
ネットも確保できたので一度ベットに横になる。








はっ!
寝てしまったようだ。時差と昼間の移動が堪えたのかしばらく寝てしまったようだ。
時間を見ると21時を回っている。
はら減ったなぁ。と思いとりあえず飯でも食って今日はこのまま寝てしまおう。
ABCマートというワイキキじゃトップシェアのコンビニでビールと滞在中分の朝食を買い込む。

ハワイ
日本の食パンのクオリティがいかに高いか・・・


そんなこんなで私のハワイ一日目は終わっていくのでした。



ハワイ
ビールとか超でかいのね。

ハワイ
レッドブルも日本の一番大きいサイズ(左)から2サイズ上がある。

ハワイ
アメリカ人の発想過ぎる。日本人はあらゆるものを寿司にしてきた(主に100円寿司)けど、これは見たことない。わからなくないけど、、、