twitヘッドライン!

2009/11/08

新島2009 フェリー編

飛行機にて上陸する計画を見事に打ち砕かれ、大きな荷物を持ってスゴスゴと家に引き返した私は、旅の格好を解かずにそのままで寝転んでいました。
このまま大人しく翌日の飛行機を待つ方法もありましたが、既に私の旅スイッチはONに入っていたので納得いきません。
されば船で行くキニ!とフェリーの予約を電話でし、空いている席をば予約。
準2等席とのことでした。


******************


少し早く船着き場についた私は明らかに時間を持て余していました。
遠足前の子供よろしく、いてもたってもいられなかったので、かなり時間を前倒しで出発したのです。

竹芝ターミナルは思った以上に人が多く、見たところ部活の合宿へ向かうor帰るらしい中高生の団体、リア充大学生グループが大半を占めていました。
その中で一人大量の荷物を抱えるアラサー男子。
少々肩身の狭さを感じながらもジッと出航の時間を待ちます。

やがて時間を知らせるアナウンスが。

blog用素材

この船は伊豆諸島を順繰りする航路なので、想像以上に人を乗せるんですね。

んで、これが乗船する「さりびあ丸」号
blog用素材



準2等席はこんな感じで、一応個人のスペースが確保されています。
電源コンセントがなにげにうれしかったり。

blog用素材


荷物を下ろして一息ついたところで船内探索に行くことに。
実はこのさるびあ丸に乗船するのは二回目で、一回目は東京湾を遊覧する便があり、そういう事もありで船内の具合は何となく把握していました。

blog用素材
blog用素材

徐々に東京湾を抜けていく。

お兄さんも一人で黄昏れていました。


はじめは東京の夜景を楽しんでいたんですが、最上階に飲食ができるスペースがあった事を思い出してフラフラ行ってみる事にしました。
そこでまさかの出会いが。。。


「あれー?飛行場にいたよね?」

階段を上がるなり誰かに声をかけられました。

blog用素材

そうです。飛行場で一緒に飛ばない飛行機を待っていたグループです。
話を聞いたところ、彼らも飛行機が飛ばなくなった後にどうしていいかわからなくなり、チャーター便なども掛け合ってみたが結局どの飛行機も飛ばないので、仕方なくフェリーで行く事にしたらしい。
気さくな彼らに誘われ一緒に酒を飲む事に。

しばらく飲んでいるとどうやら怪しい男が。
気さくな彼らからしたら私も相当怪しい人間だと思うが、当然のごとく彼にも一緒に飲もうと誘う。

ファルコン

彼は自分の名前を「ファルコン」と名乗った。
私は直感的にまずい!彼はだめだ!と感じたが、気さくな彼らはそんな事もおかまいなしに彼に酒を進めている。

「炭酸はだめなんです。」と缶チューハイを断り、「ハード酒の方がいいですー」と言うので、ジャックダニエルを飲ませると5秒でオレンジ色の物を嘔吐した。
自分で求めた「ハード酒」を飲んだのに5秒でゲロリン。しかも吐いたものがオレンジ色という荒技を繰り出す彼に対して私がしてあげられる事と言えば、只々距離感を保つ事だけでした。

そんな感じでいつになくしっかりお酒を飲み、話を進めているとファルコンを含めた気さくな彼らの目的は新島で行われるイベント(新島wonderland)だった事が判明。
どーりでこんな感じのお兄さんが新島に行くのねーと合点が行きました。
3日の開催で、フェリーに乗ってる今がまさにイベントのクライマックスなのに。。と飛行機の事が未だに残念そう。
確かに飛行機が飛んでいればとっくに新島に到着しているんですものね。
しかし、土日の休みで新島まで遊びにいく彼らの行動力はすてきだと思いました。

そしてファルコンですが、彼は既に彼女が新島で待機しているとの事。
彼はフリーターだと言っていたのに、なぜ一緒に行かないのかを訪ねると。
「フェリーの時間に乗り遅れたんですー。3日も。」
はじめは何を言っているかわからなかったが、どうやら本当は4日前に彼女と新島に行く予定だったがファルコンだけ寝過ごして彼女は先に新島へ。
残されたファルコンは次の日に再チャレンジをしたがまた寝坊。
それを3日繰り返しやっとフェリーに乗り込んだとの事。
久々に骨のあるだめ人間をまのあたりにして、思わず笑けてきました。

ともあれ楽しくお酒をいただき、多いにおごっていただき一人、二人と潰れていったあたりでお開きに。
各々の寝床に帰っていきました。

しかし席に戻ると思った以上に揺れがひどく、酒にもよっていたので横になるとひどく吐き気がします。
その後はベットとトイレの往復。
寝ては揺れる船内をなんとか千鳥足でトイレに行き、吐くだけ吐いてまたベットへ。。。。
これを朝まで繰り返し、なんとか新島へ到着。
気さくなグループも同じような感じだったらしく船を降りる所で会った時はみんな死んだ魚の目をしていました。
ファルコンの姿は最後まで確認できませんでした。
きっと彼は妖精かそこら辺の類いだったのでしょう。

気さくグループとも港で別れ、もしよかったらイベントで再会しよう!という事に。

私は同僚の義父さんの迎えが会ったので、待ち合わせの場所に急ぎました。


続く。



二回目の投稿でやっと新島に到着できた。。。

0 件のコメント: