twitヘッドライン!

2009/11/24

全然だめ


THAI
Originally uploaded by aflog
最近寝坊はするわ、寝坊はするわでいろんな方にご迷惑をおかけしまくりました。

三連休なんぞは三日とも寝坊をかましました。
ひどいです。
さすがに反省しました。というか猛省しました。

来週からは気を取り直してがんばりますって決意表明です。

2009/11/13

ラウドとかミクスチャーとか

youtubeあさってたら見つけました。



宇頭巻ことUZUMAKIです。
青春よねー。
変わらずミクスチャーです!

久々に聞いてみようかしら。

そういえばTHE冠のオモロックに出演してたんですが、間に合わずUZUMAKI見れなかったんだよなー。

皆さん若干ふくよかになられてますね。

2009/11/08

新島2009 到着編

新島に着くと早速同僚の義父さんに連絡をして迎えにきていただきました。

義父さんは無口な方で会話も辿々しく弾んだ感じではなかったですが、基本的に優しい方で色々気を使っていただきました。
私も私とて初対面で二日酔いというあまり印象がよくない感じだったので、必死で二日酔いを感じさせないようにがんばりましたが、きっとすごく酒臭かったと思います。

そんなこんなでキャンプ場まで送ってもらい、早速テントを張る事にしました。

しかし二日酔いが相当つらく、意識が朦朧とした状態で初めてテントを張るのは困難を極めました。
途中、隣にいた人たちに手伝ってもらいながらテントはなんとか完成。

blog用素材

見て下さい!このフォルム!
blog用素材

隣のテントと比べるとこの小ささ!
blog用素材

テントが張れたところで限界になり、しばしの就寝。
新島でも珍しいほどの強風でしたが、とりあえず眠りたい一心で眠りに就きました。

昼過ぎに起きると二日酔いはほぼ全快し、新島での活動開始。
まずした事はテントの再確認。
中は思った以上に快適。私はヒト科としては大きい分類だと思いますが、普通に足を伸ばして眠れる感じです。
blog用素材

次にキャンプ場を見渡すとほかのテントがちらほら。
想像以上に人がいました。
blog用素材
写真の奥の方にも外人さんが沢山いる団体がいるのですが、どうやら新島WONDERLANDの運営スタッフや出演者が寝泊まりしているとの事。1ヶ月以上いるらしい。

コーヒーを入れて一服し、荷物の整理をしたところで活動を開始する事に。
フェリーで手に入れた新島のマップを頼りに歩き出しました。

とりあえず海を見たい!と思い、海にいってみる事に。
blog用素材
blog用素材

サーファーが気持ち良さそうにサーフィンをしています。
海は思った以上にきれいで、浜もちゃんと整備されていました。
8月とかシーズン中にきたら沖縄に負けないくらい楽しめそう。

その後もMAMIYA7に三脚をつけて3時間くらいかけて島をブラブラ歩き周ります。
新島WONDERLANDの会場と思われる場所にたどり着きましたが、まだ夕方だったために誰も居らず仕方なく一度キャンプに戻る事にしました。

戻る途中に偶然にも義父さんに遭遇。
キャンプ場までまたもや送ってもらいました。
そして別れ際に明日隣の島である式根島へ送ってくださるとの事。ありがたい。
そしてトビウオを2匹いただいた。
blog用素材

そうなれば自炊をする他ない。
そういえば私は昨日の夜から飯を食っていない。吐いているばかりだった。

早速調理にかかる事にする。

このキャンプ場は都営で設備が充実している。
調理するための流しと釜が完備されている上にトイレ、簡易シャワー、なんと電源コンセントもあったりする。

飯盒セット。
blog用素材

義父さんにお借りしたガスコンロでコメを炊く。
blog用素材

その間にトビウオを捌く。
一匹は刺身。もう一匹は焼いて、夜の晩酌用に。
blog用素材
blog用素材

完成。
トビウオはうまいが、飯盒は水の分量が悪いのか、火加減か、蒸らし時間が間違えたのか。
米を炊いたはずがおかゆができた。
blog用素材

おいしく頂き、のんびりお茶タイム。
徐々に日が沈んで辺りが暗くなってきました。

そのまま晩酌へ移行。
さっきのトビウオを焼きます。
blog用素材
blog用素材

飯も食って寝る準備をし、寝るには早いかなーと時間を確かめるとまだ20時前。
しかし周りに明かりがないのでLEDランタンで本を読み始める。
ふと外を見ると星がヤバい。
この日は風が強かったせいか空に雲がなかったので星がえらくきれいに見れた。
blog用素材

写真だとわかりにくいが、この下で寝っ転がってmogwaiなんぞ聞いていると、とても神秘的な感じになる。
宇宙万歳。

時間的には少々早かったが、前日の二日酔いも会ったし一日歩き回っていた事もあり、寝てしまった。
気さくな彼らにも会いたかったが、歩いてまた会場まで行く気力は残っていなかった。




新島2009 フェリー編

飛行機にて上陸する計画を見事に打ち砕かれ、大きな荷物を持ってスゴスゴと家に引き返した私は、旅の格好を解かずにそのままで寝転んでいました。
このまま大人しく翌日の飛行機を待つ方法もありましたが、既に私の旅スイッチはONに入っていたので納得いきません。
されば船で行くキニ!とフェリーの予約を電話でし、空いている席をば予約。
準2等席とのことでした。


******************


少し早く船着き場についた私は明らかに時間を持て余していました。
遠足前の子供よろしく、いてもたってもいられなかったので、かなり時間を前倒しで出発したのです。

竹芝ターミナルは思った以上に人が多く、見たところ部活の合宿へ向かうor帰るらしい中高生の団体、リア充大学生グループが大半を占めていました。
その中で一人大量の荷物を抱えるアラサー男子。
少々肩身の狭さを感じながらもジッと出航の時間を待ちます。

やがて時間を知らせるアナウンスが。

blog用素材

この船は伊豆諸島を順繰りする航路なので、想像以上に人を乗せるんですね。

んで、これが乗船する「さりびあ丸」号
blog用素材



準2等席はこんな感じで、一応個人のスペースが確保されています。
電源コンセントがなにげにうれしかったり。

blog用素材


荷物を下ろして一息ついたところで船内探索に行くことに。
実はこのさるびあ丸に乗船するのは二回目で、一回目は東京湾を遊覧する便があり、そういう事もありで船内の具合は何となく把握していました。

blog用素材
blog用素材

徐々に東京湾を抜けていく。

お兄さんも一人で黄昏れていました。


はじめは東京の夜景を楽しんでいたんですが、最上階に飲食ができるスペースがあった事を思い出してフラフラ行ってみる事にしました。
そこでまさかの出会いが。。。


「あれー?飛行場にいたよね?」

階段を上がるなり誰かに声をかけられました。

blog用素材

そうです。飛行場で一緒に飛ばない飛行機を待っていたグループです。
話を聞いたところ、彼らも飛行機が飛ばなくなった後にどうしていいかわからなくなり、チャーター便なども掛け合ってみたが結局どの飛行機も飛ばないので、仕方なくフェリーで行く事にしたらしい。
気さくな彼らに誘われ一緒に酒を飲む事に。

しばらく飲んでいるとどうやら怪しい男が。
気さくな彼らからしたら私も相当怪しい人間だと思うが、当然のごとく彼にも一緒に飲もうと誘う。

ファルコン

彼は自分の名前を「ファルコン」と名乗った。
私は直感的にまずい!彼はだめだ!と感じたが、気さくな彼らはそんな事もおかまいなしに彼に酒を進めている。

「炭酸はだめなんです。」と缶チューハイを断り、「ハード酒の方がいいですー」と言うので、ジャックダニエルを飲ませると5秒でオレンジ色の物を嘔吐した。
自分で求めた「ハード酒」を飲んだのに5秒でゲロリン。しかも吐いたものがオレンジ色という荒技を繰り出す彼に対して私がしてあげられる事と言えば、只々距離感を保つ事だけでした。

そんな感じでいつになくしっかりお酒を飲み、話を進めているとファルコンを含めた気さくな彼らの目的は新島で行われるイベント(新島wonderland)だった事が判明。
どーりでこんな感じのお兄さんが新島に行くのねーと合点が行きました。
3日の開催で、フェリーに乗ってる今がまさにイベントのクライマックスなのに。。と飛行機の事が未だに残念そう。
確かに飛行機が飛んでいればとっくに新島に到着しているんですものね。
しかし、土日の休みで新島まで遊びにいく彼らの行動力はすてきだと思いました。

そしてファルコンですが、彼は既に彼女が新島で待機しているとの事。
彼はフリーターだと言っていたのに、なぜ一緒に行かないのかを訪ねると。
「フェリーの時間に乗り遅れたんですー。3日も。」
はじめは何を言っているかわからなかったが、どうやら本当は4日前に彼女と新島に行く予定だったがファルコンだけ寝過ごして彼女は先に新島へ。
残されたファルコンは次の日に再チャレンジをしたがまた寝坊。
それを3日繰り返しやっとフェリーに乗り込んだとの事。
久々に骨のあるだめ人間をまのあたりにして、思わず笑けてきました。

ともあれ楽しくお酒をいただき、多いにおごっていただき一人、二人と潰れていったあたりでお開きに。
各々の寝床に帰っていきました。

しかし席に戻ると思った以上に揺れがひどく、酒にもよっていたので横になるとひどく吐き気がします。
その後はベットとトイレの往復。
寝ては揺れる船内をなんとか千鳥足でトイレに行き、吐くだけ吐いてまたベットへ。。。。
これを朝まで繰り返し、なんとか新島へ到着。
気さくなグループも同じような感じだったらしく船を降りる所で会った時はみんな死んだ魚の目をしていました。
ファルコンの姿は最後まで確認できませんでした。
きっと彼は妖精かそこら辺の類いだったのでしょう。

気さくグループとも港で別れ、もしよかったらイベントで再会しよう!という事に。

私は同僚の義父さんの迎えが会ったので、待ち合わせの場所に急ぎました。


続く。



二回目の投稿でやっと新島に到着できた。。。