twitヘッドライン!

2009/01/05

4日目後半

なんとか4日目までやっつけました。
去年の6月の出来事を未だに書いていると正直いやになりますが、頑張ろうと思います。



バスにのって那覇へ2日ぶりに帰ってくる。
那覇はやっぱり都会で、風が吹かないせいなのかすごく暑い。
バスを降りるときに小銭が無くて、札が1万円だけと言う状況に運転手さんが
「今度から小銭を用意してくださいね。」
とやさしく言ってくださり、運賃をつけておいてくれたあたりは沖縄クオリティだったが、やっぱり那覇は都会。

まず何をしたかといえば今晩の宿探し。
漫画喫茶なんかでもいいかなと思ったが、汗をかいていたし、風呂に入りたかったので少し奮発してビジネスホテルに泊まることにしました。
2日目に船に乗ったとまりんの近くのホテルで、決して綺麗とはいえないホテルだったが、初日のドミに比べれば天国でした。
荷物を降ろして、洗濯物を洗濯機に放り込み風呂に入って洗濯物を干し終えるとカメラを持って外に出ました。

特に行く所もないし、飲むには少し時間が早かったのでタクシーに乗って運転手さんに色々聞こうと思い右手を上げました。
大方の場合タクシーで何かを聞くと性風俗関係を進められる事で有名な俺は、例のごとくタクシーの運ちゃんは俺にここらで有名な繁華街の事についてを説明してくれました。
確かに那覇近辺で夕方になりかけている時間、何か無いかと聞かれたらそっちだと思っても仕方ないんだけどね。

割と繁華街の雰囲気は嫌いじゃない俺としては悪くない選択です。
しかも繁華街が動き始める前の時間帯と言うのはヒッソリとしていてとても好きなのです。
その繁華街の入り口で降ろしてもらい少し歩き始めると、やはり大体のお店は閉まっていましたが、
中には昼から営業している店先には客引きがちらほら、気にせずに写真を撮りまくっていると、やはり客引きなので声をかけてきます。
沖縄

「お兄さんどうかね?と年配の客引きが声をかけてきます。」
そこで沖縄クオリティ炸裂。

「今日は写真を撮りに来たんです。」

ハタから見ればオメェそんなわけ無いだろうが!と思われる発言でも

「そうかね。」と、それっきり。

他の繁華街でそんな事言っても通じるはずはありませんが、沖縄はしつこく誘ってこない。
最近の法律のせいなのか沖縄クオリティなのかこっちが心配になるくらいあっけない。

そんなこんなでぐるりとその辺を一周するとその裏には海がある事を発見。
そんなに大きくない公園には小さなビーチが隣接していて、おそらく観光客ではなく地元の人々だと思われる人たちで賑わっていました。
家族から若者の集団。中高生と思われる10人ほどの女の子達がバレーボールをしています。

公園を出て道を一本隔てれば繁華街だというのにこんなにもさわやか。
公園にビーチがあるって事もすごいけど、こういったギャップのある環境に心躍らせていました。
写真を撮りながら公園を歩いていると高年齢の男性の群れが。
公園には結構な数のブルーシートテントがあったので、すぐに路上生活者の人たちという事は分かりましたが、そこで行われていたのは将棋。
おそらくそこでは合法ではない将棋が行われていたと思いますが、それがまたこの小さな世界にマッチしていて楽しかったです。

そしてさらに散策すると神社を発見。
そこも繁華街のはずれに鳥居を構える神社で覗いてみると階段にはパートナーをおんぶして上り下りするボウズ頭の少年達が、おそらく野球キッズでしょう。
暫くその練習風景を眺めて何枚か写真に収め、神社の境内へ。
そこでまた人だかりを発見。

その人だかりの調べるべくその中に入っていくと祭事を行っている様子。
何かの縁だと思い飛び入り参加する事にしました。

後から知ったのですが、夏越の大祓・茅輪くぐりと言うものらしい。
茅輪というものをくぐると罪が洗われるとの事。
まぁ大罪を犯した記憶はありませんが、”人って生きながらにして罪深い生き物やん。”という事で、飛び入り参加させていただきました。

茅輪くぐりを終えた後は神主さんのながーいお話を頂き、昼下がりでしたが容赦ない太陽の照り返しに一同、「もういいだろう」と思ったのは俺だけじゃないはずです。

沖縄

何より、他の神職の方々の服装を考えるとちょっとした拷問を見ているようでした。

沖縄

沖縄

一連の祭事が終わると、巫女さんが飲み物を配ったりさっきくぐった茅輪をほぐして参加者に配っていました。


なんか結んでもって帰るとなんかいいらしいと言うことで俺も貰ったのですが、買えるところはホテルなので結局ホテルに置きっぱなしに。

次の日に新聞に茅輪くぐりの事が出ていたりしてナカナカ思い出に残るイベントでした。

んで、神社を出た後はホテルに戻って晩飯を食いに再度街に出ました。
地方に行くと面白い看板は付き物ですが、沖縄は東京から遠いこともあり割合が多い気がします。

”FB愛”あたりは何処でもありそうですが。
”まめこ”と”スナック いっぺーかなさんどー”はとても気になります。
沖縄

レディースハウスという女性専用ドミトリーの1階が肉屋っていう辺りは何か変態的な犯罪を想像してしまうのは病気なのかもしれません。
沖縄

テキトーな居酒屋で飯を済ませると、何も無い那覇に後悔しホテルへ。

あまりにも暇なのでテレビを見ると隣人13号(映画版)が。
よりにもよってこの映画。一瞬さっき見たレディースハウスが過ぎります。
結局最後まで見てしまいビミョーな気持ちで眠りに付きました。


そして次の投稿はいよいよこの度の最終回となりました。
頑張って早い段階でうpしたい。


0 件のコメント: