twitヘッドライン!

2008/11/24

私がiPhoneにした理由2

なぜ故に携帯電話は最小機能でいい派の私が多機能で騒がれてるiPhoneにしたのか。

携帯は持ってるし、iPodも持ってる。
別にiPhoneじゃなくてもあまり不自由はしない。
でもなぜiPhoneなのか。

理由はいくつか存在する。

・GPSがついてる。
・すてきなアプリがたくさんある。
・iPhoneがアメリカで発売した時すごくうらやましかった。
・appleスピリッツが詰まってる。
等々。

その中でもGPSがかなりでかい。GPSがついてなかったら多分買ってない。

今までの携帯にもGPSがついていたけど、その用途が圧倒的にiPhoneには勝てないのです。

まず、私がGPSが好き。まずそれ。
だってGPSって衛星とリンクして、現在地を割り出すんですよ?
かなりサイエンスじゃないですか。

当時、GR Digitalを購入し、バイクにまたがりいろんなところに行って写真を撮るのが趣味だった頃に買ったSONYの機器がある。
GPS−CS1Kという品番のこの機械はスイッチを入れると数秒ごとにGPSを使って位置情報のログを撮り続けるだけの機械。
本当にこれ以上の機能はこの機械にはついてなかった。
これをどう使うかというと、内部時計とデジカメの時計を合わせておくと、デジカメで撮った写真情報とGPSのログとを照合し、付属のPCソフトと地図アプリでどの時間にどの場所で撮った写真かを地図上に表示してくれるというもの。
俺はたしかこの機械に1万2千円をはたいた。
しかし一年もしないうちにホコリをかぶっている状態に。

GPS−CS1K全然使ってない・・・。

だって思った以上に面倒で、精度もそんなに高くないし、少し隠れただけで衛星からロストしてしまうんだもの。
俺がプログラムとかを書ける人だったら、このログを使ってgoogleマップ上に位置情報を重ねる事もできるかもしれないけど、俺はそんなプログラムが書けない。

そんなこんなで俺はGPSライフに満足していなかった。
携帯にもGPSはついてたけど、あくまでも地図に使うツール!色が強かったし、GPSは地図の為に!という使われ方があまり好きじゃない。

それじゃiPhoneでGPSはどういう使われ方をしているのかだ。
もちろん、標準アプリのマップでgoogle map上に現在位置を表示するのは当たり前だが、iPhoneで撮った写真にはユーザー任意で位置情報を付ける事ができる。
そして、有志が作った作ったアプリと連携させる事により、これをgoogleマップでどの場所で撮った写真なのかをiPhone上で確認する事が可能なのだ。
まさにスパイの秘密道具みたいではないか!

GPS好きとしてはこれがたまらない。
正直何処がすごいのかを文章にするのが面倒なので、飲みながら一晩かけて話したいくらいだ。

これがあれば本当に何処にでも行ってしまいたくなってくる。
今年の春は東北辺りに出かけよう。



ココまで書いてきたがやっぱり何がすごいのかと言えば、一つの要素から広がる無限の連携。
ユーザー次第ではいろんなツールになりうるのがiPhoneだと言うところ。
タッチダイアモンドやら、アンドロイドOS搭載の携帯やらが出てきそうな昨今ですが、なぜその中でもiPhoneなのかと聞かれれば、それはやっぱりAppleスピリットが詰め込まれたツールだからだし、生活に見事にとけ込んでいる今のiPodの様に、そうなるべくして送り込まれたツールだからです。

某タレントさんが、iPhoneの事をボロクソに言ってる記事を見たが、根本的な論点が違うのだからしょうがない。
その人は、メールは打ちにくいし、とにかく使い憎にくい!!と。
しかしiPhone自体そう言う目的で作られた携帯電話ではないのです。
そもそもiPhoneは英語圏で使われる事を想定したスマートフォンで、日本語入力であればテンキーに勝てないと思います。
そう言う人ははじめからiPhoneを選ばなければいいのになと。
iPhoneで何ができるのか。何がしたいのかがわからない人は持つべき携帯ではないし、わからない人には一生わからない。
選ぶ権利はユーザーにあるし、選ぶ責任もユーザーにある。なのに、何となくかっこいいし、見た目もいい感じとか、人気があるから!という理由でiPhoneにして、使いにくい!と公の場所で発言をするのはいささか突っ走り過ぎなのではと感じました。
その人が使ってるのか真意はよくわからないんですが。
自分にあったものを自分で選んで長く使うのが個人的にはすばらしいと考えているので、こういった軽率な発言は共感が持てません。

私がiPhoneを選んだ理由は、よく考えて、検討した結果長く使える便利なツールだと判断したからなのです。

最近バージョンが2.1から2.2に上がり、結構問題のあったブラウザがしょっちゅう落ちる問題とかがだいぶ改善された印象を受けました。
絵文字もsoftbankユーザー同士であれば対応するようになり(孫さんがかなりがんばってOSレベルの対応らしい)、グーグルストリートビューにも対応。
ますますキャバクラでもてそうな機能が次々に追加され、携帯が成長していくのもiPhoneの魅力の一つなのです。



0 件のコメント: