twitヘッドライン!

2008/04/27

I love ya Tomorrow!  開演編

4月の前半のことを書きたいんですが、熱が覚めやらぬ内にこっちの事を。

前の日記でミュージカルを見に行くと書きましたが、きっかけは大学の後輩のmixiの日記に
「チケット余ってます。」と書いてあった事に反応した事にはじまる。
どうやら知り合いが出演しているので見に行くつもりだったが、仕事が入ってしまいいけなくなったとの事。
次の日にメールで「本当に行きますか?」って聞かれたもんだから、これは行かないわけには行かないなと。
チケットの引渡しは取り置きで対応してもらったんだけども、お金は銀行振り込み(個人口座)。
携帯から指定された知らない人の口座へお金を振り込んでいると、オレオレ詐欺的なものなんじゃないかと不安になる。
チケットを譲ってもらった後輩は信用できる子なので躊躇いは無かったんだけども、案外オレオレ詐欺ってモノは簡単に引っ掛かってしまうものではないかしらと思った。

最後に後輩からのメールには当日2人友達がいますけど話しておくので気にしないで下さいと。
一人で見るものだと高をくくっていた俺としてはカウンターパンチ。
なんだかハードルが余計高くなった気がする・・・。

そんなこんなで当日。
どうせ見るのだから眠くなるのは避けたいと思った俺は前日にシッカリ睡眠をとって当日は時間通りに起床。少し早めに家を出ました。
公演は2時間45分と長丁場になるとの事前情報を持っていた俺は少しお腹に何かを入れようと、渋谷駅から公演が行われる青山劇場へ向かう間にお店を探していました。

そこに見えたのは回転寿司。待ち時間もないしここにしようと入店。
今思えば、まだ見ぬミュージカルに緊張していたのか、、、それとも一人で行く事に躊躇していたのか、、はたまた後輩の二人の友人(多分女の子)に期待していたのか。
俺は午前だというのに生中をオーダー。
それも2杯。
寿司をつまみながら時間が来るのを待ちました。

待ちすぎました。

時間に余裕を持って家を出たはずなのに小走りで青山劇場に向かわなくてはいけないのはビールのせいなのは言うまでもありません。

劇場に到着すると入り口は開演数分前なのであわただしく、取り置きのチケットがある事を受付に伝え、自分の名前を告げたが反応がイマイチ。俺の名前を言えば大丈夫って後輩は言ってたのに・・・。
まさか!そんなことは!だま・・・。

と思いましたが、出演者の名前を言ったら分かったみたいで一安心。
「お連れの方は既にお見えですよ。」と受付の人。
「いやいや初対面です。」とも言えず、間髪いれずに受け付けの人が
「席までご案内いたします。」と、開演直前なので足早に懐中電灯で足元を照らしながら席まで案内してくれました。
しかし、俺は直前まで飲んでいたビールを開演までに放出するつもりだったので不安のまま席へ。
受付の人はステージへどんどん近づいていきます。

ここ?

と思うくらいアリーナ。超いい席です。
この表で言うと多分Eの24くらい。本当にいい席。
ちなみにXAからXDまではオーケストラピットになっており、生演奏。
臨場感が違う。

そこに開演直前に現れたオッサン。
真ん中の席だったのでEの25~30までの人たちにスイマセンスイマセンと小さな声で道を明けてもらい、座った隣には忘れかけていた後輩の友達が。

めっちゃんこメンコイ娘さんが座ってらっしゃる。
どれくらいメンコイかって言うと。普通にグラビアとかしてそうなくらいメンコイ。
そこにイキナリ着たのが俺。

きっと後輩は大学の先輩が代わりに行くからとだけ伝えたはずである。
だって二人が俺を見る視線が森で出会った熊を見るような目だったのだもの。
大抵初対面で合う人は俺の事を熊かレスラーだと思っているので、そういった視線は慣れっこですが、せめて巨人が現れますと、後輩も予備知識として与えておいてくれればよかったのに。
あるいは既に山が来ると伝えてあったが、予想外の大男だったのかもしれない。
そう、アニーの客層は大人60:子供40くらいのちびっ子がど真ん中ミュージカルなのだ。
ちびっ子の中に俺を見たらそりゃグリズリーに見えても仕方ない。

とりあえず急いでいたのでキャラ設定を決めておらず、
「大好物は鮭なのでヒトには危害を与えません!」という自己紹介も変な誤解を与えてしまいそうなので、会釈をして席に着く。
席に着くのと同時に俺を待っていたかと思うくらいのタイミングでオケの指揮者がピットから顔を出し挨拶、演奏が一度止みAnnieとロゴの描かれた緞帳がゆっくり上がっていった。
本当に開演直前だったらしい。。。。

すぐに開演してしまったので、後輩の友人との関係も微妙のままだし、後の子供は俺のことをビビって劇に集中できないんじゃないかしら、そもそも俺が前でステージが見えるのかしら・・・。など色々な不安があるままアニーが始まっていくのでした。


とりあえず開演編はここまで。
明日あたりに本編~現実を書きます。




2008/04/26

明日はトゥモロー

今回は4月前半の出来事を書こうと思ってたんですが、
ひょんなことがきっかけで今からミュージカルを見に行くことになりました。

一人で。


感想は後ほど・・・。


2008/04/16

UNICLOCK

友人のブログパーツで見かけ、そのページを見に行く度に目が止まるブログパーツ。

正直お姉さん達がツボである。
バレエかこれは。バレエの力なのか!
それならば俺はロシアに行ってみたい。



5秒ごとにアングルを少しづつ変化があるもんで気がついたら15分ぐらい見つめているのがざら。



もっとでかい画面で!って人は下記からどうぞ〜。


http://www.uniqlo.jp/uniqlock/

2008/04/15

前回の続き

怠い体は横浜方面のホームに。
早朝なので人もまばら・・・。

家とは逆へ進む電車は快晴の中走りだしました。

まだ明けきっていない朝は電車が横浜に近づく度に明るくなっていきます。
若干テンションが高めの俺は、電車の一番先頭に陣取りました。



なんて清々しい朝!前日たき火をしていたとは思えません!
上着に染み付いたたき火のいぶった臭いだけが、昨夜の事を思い出させます。
あと漫画喫茶に置いていった友人の事も。

やがて電車は横浜に到着。
でもまだ電車を降りたくない俺はそのまま乗車。電車はそのままみなとみらい線にかわります。
そしてさらに奥へ。

目的地の無い俺はとりあえずみなとみらい駅に降りるとこにしました。

誰もいない改札。
誰もいないエレベーター。
テンションがあがります。
そして地下にあるホームから地上へと出ると、そこにまっていたのは快晴の空と太陽とシスコムーン。


the 横浜!ザ・太陽とクレーン

素晴らしい景色の数々に心躍らせた俺は、このまま横浜を散策する事を決意。

横浜詰め合わせ
赤煉瓦倉庫
県庁。

近代建物と歴史的建造物に舌鼓をうち、やがて横浜スタジアムを抜けて関内方面へ。
徐々に町は下町の雰囲気が出てきます。
関内方面から黄金町方面へ足を伸ばしました。

浜マイクでも使われた(はず)の川沿いの飲み屋集合。
さらに黄金町・日ノ出町方面をうろつく。
昔はもっと危ないイメージだが、最近は売春宿も摘発されていらしく、昼間だったせいもあってその影は薄くなっていた。
しかし一方でストリップ劇場がドスンと構えていたりと、面白い町だった。

売春飲食店が並ぶ川沿いの桜は丁度満開で、花見客もチラホラ。
地元の人たちだろうか。とてもきれいな桜が川に写って何とも朗らかな気分。

と思ったのもつかの間。怪奇な看板を発見。
人間用セルフコインシャワー始めました



いまいち状況がつかめない。
そもそも人間以外のセルフシャワーってなんだ!

犬とか猫とかって事か?それを人間用に流用するのかどうなんだ!男性及び女性のコインシャワーを始めました。


男性と女性以外のくくりってなんだ!わけわかんねぇ!
店内をのぞくと更衣室らしきスペースは無い。
店側が女性を許可しても、果たして女性が利用するかどうかは疑問だ。
ちなみに誰でも入れる安心設計。

だいぶ満足した所で前日の徹夜が体にこたえ始めたので伊勢崎の漫画喫茶で仮眠。

このまま横浜まで歩き、帰宅する事に。



今地図で歩いたルートを確認したらだいたい歩いた距離は15キロくらいでした。
どおりで股擦れするはずだわ。

ちなみに伊勢崎から横浜まで帰るルートが一番遠かった・・・。
やっぱり横浜に行くのであれば朝に限ります。

また行こう。

2008/04/14

行動派

とある休日がとても有意義だったのでここに一部始終を記そうと思います。

まずとある土曜日。
欲しい物があったので新宿へ。
欲しい物とはカメラだったので、事情通のY氏から情報を集める。
新宿をあらかた見た後、やっぱりカメラは座銀っしょ!って事で地下鉄へ滑り込む。


銀座のカメラ屋を点々とし、あらかた目星を付けて再び新宿へ。
しかし中野にお目当てのカメラが安値で打っている情報を新たに仕入れ中野へ・・・。
電車に乗りまくりである。
中野へ到着し悩んだあげくカメラを購入。

一刻も早く帰りたくなり、再び電車へ。
帰宅し風呂を浴びていると、地元の友人から電話が。

「花見をするから至急集合!」

久々の誘いだった上に、みんな来るからと言う友人の強い希望もあり地元へ1時間半をかけて向かう事にした。

到着したのは夜の9時。
本当にみんな集まっているのだろうか・・・一抹の不安は拭えなかった。
駅に到着した時点で友人に電話。待ち合わせ場所を指定される。

「!?」

そこに待っていたのは俺を誘った友人。
ほかは誰もいない。

やられた!だまされた!

友人はニヤニヤしている。
どういう事かと問いただすと他のメンツはこれからだという。
本当に信じていいのだろうか。

しかし今から引き返したところで無駄足だ。ここは彼を信じてみよう。
そういう事でコンビニで買い出しを始めた。
酒やつまみを買う量からして二人ではなさそうだ・・・。

そして公園で宴会を開始する。(二人)
横では若者が、ターンテーブルとスピーカーを持ち込んでドンチャンしている。
当然ギャルもいて楽しそうだ。
30に届きそうな男二人の花見に比べると、非常に華やかに映る。

負けじとアダルトチームがとった作戦は”キャンドル作戦”
お仏壇によく使われるロウソクを6本パックビールをまとめる型紙を風よけにして着火。
さらに空き缶をロウソク立てにしてライトアップ!
案外明るく、雰囲気もでてきたのでヤングチームとの劣等感がにわかに和らぐ。
そう。僕らはもう大人だから求めているのはこういった落ち着いた雰囲気なんだよ。

やがて本当に他のメンバーが続々と到着。
20代前半の頃の出席率とはいかないものの、わりと人数は増えて来た感じ。
しかし初期メンバーの俺と友人は既に火の虜に・・・。
割り箸でキャンプファイヤーを作るなど、徐々に火がエスカレートしていく。


やがて皆の中心は桜ではなくたき火に。
拠点も二つになり、ボルテージは上がっていく。
燃える物を探しに公園内をうろつく者、財布の中のいらない領収書などを掻き集めるもの、正直俺はこの前の健康診断の診察券を燃やし、後日再検査を受ける時に恥ずかしい思いをした。
皆の気持ちが一つになった頃、隣のヤングチームの所に2台のカブが・・・。
そう、おまわりさんだ。

どうやら近所から通報が入ったらしい。
公園であんなにでかい音を出したら当然だ。

もちろんキャンドル たき火をしていた俺たちの所にもおまわりさんがやって来て。

「火はまずいなぁ」

当然ですね。

しかし俺たちのパッションは国家権力に楯突かんばかりに、とりあえず追加の可燃物を燃やさない事にした。
やがて明日仕事組がそろそろ帰ろうか・・見たいな空気になり、解散。

もちろん消火。

俺を家まで運んでくれるはずのトレインは既にアウトオブサービス。

仕方ないので誘った友人に責任を取ってもらう為に漫画喫茶に付き合ってもらう。
神奈川の漫画喫茶ってば風営法でペアシートに限りドアを閉めちゃいけないらしい。
なのでペアシートはカップルが寝ているのが丸見え。
神奈川の漫画喫茶はどんだけエロいのかと!

当然凝視しました!

やがて始発が始まる時間になり、漫画喫茶で眠れない俺は帰ろうかと友人を起こす。
しかし全然起きない!
数回押し問答をした後、俺は友人を諦め置いて帰る事にした。
確か彼は漫画喫茶に入る前に金がないとか言ってた気がするが、帰りたい気持ちに嘘はつけないので、自分の分の会計をして駅に向かった。


駅に到着し電光掲示板の電車到着時間を見る。
空は雲一つない快晴。
寝ていないのに俺の気持ちは清々しい。
このまま帰って寝てしまうのがもったいない。

俺は不思議と家の方向とは逆のホームへ足が向かっていた。

〜第一部完〜


二部へつづく



2008/04/05

サラリー

右のバナーにあるゴールデンエッグスを作成しているチームが91tv.jpという企画を行っているサイトを発見。
どうやら化粧品メーカーのCMやら、何故か湘南乃風のPVを作成している模様。
テレビでも放映しているっぽい。
声優陣は余り露出が少なく人前に出るときは顔を隠しているモニカ(ゴールデンエッグスでは監督とかジェシカねーさんを担当している人)をはじめ数名。あと、今をときめくアッキーナがスペシャルとして参加してました。
ラリー(ターキーレンジャーとかの方)は今回は不参加の模様。
相変わらずプレスコ手法で作るアニメなのでテンポ良く見れます。

動画やブログパーツが落ちていたので置いておきますね....。

KUNOICHI-TV 91tv.zip
http://www.91tv.jp/

■動画■
湘南乃風PV
湘南乃風が忠実に再現されていて吹いた。


サイト内ムービー
かなり金卵の監督のべしゃりに近い・・・バーロー!ってバーンって!がっって!


外人ねたも好きね。


こういう意味のわかんない感じもいいね。


まだ未公開のムービーも随時更新との事。
目が離せません・・・。
その他CM動画などは直接サイトでご覧下さい。





2008/04/03

荒木 森山



最近、人のとった写真に興味があって、前の投稿にもあったけども図書館で写真集をゴソゴソあさったりしてました。
その中でも興味を引いたのが、アラーキーこと荒木経惟と森山大道の「荒木 新宿 森山」。
二人が新宿をテーマにスナップをしていく写真集でした。
アラーキーに関してはエロスを撮る人ってイメージで、森山大道はわりと最近になって知った写真家。
実際に作品を見ることも少なかったので改めて見るといいなと。
荒木さんは別にエロ専科ではないんだなと。
世間のイメージは非常に怖い。

そんで、改めて二人の作品を金を出して買ってみたわけです。まだ全部に目をとおしていなくて、とりあえず荒木さんの方を先に鑑賞しています。
現段階の感想は、非常にロマンチストでハートフルな人間だなと。
人間的に魅力のある人間だなぁと。モチロン写真も凄く素敵です。
奥さんを凄く大事にしている人で、「陽子」という作品では結婚から若くして亡くなるまでの写真小説の様に追っていくので、まるで物語を追っていくように読み進んで行けた。
前半は奥さん自身の文章なのがまたイケる。
この人は非常にいい文章を書く人なのでそれがまた面白い。
荒木陽子さんのエッセイもあるみたいなので今度はそれを購入しよっと。

大道さんのですが、「新宿+」と「大阪+」は大きさ的には文庫本サイズなのに、厚みがコロコロコミック。
かなり無理なつくりです・・・。
少し中身を見てみようとページをめくると・・・・。
見事に表紙と中身の糊付け部分がパリッと外れました。
安くは無いのに・・・・。





健康云々

健康診断をした次の日に熱を出すとはできすぎた話だ。

滅多に熱を出したりしないので一度やると結構ひどい感じになります。
同時に腹に絶対来る・・・。水っぽいのが続くと菊の門がだいぶ痛いんですが、これってアレですか。
中にはちゅーってやるやつでしょうか・・・・。

そんなこんなで一日中寝てましたが見事に何もしていません。
あーあ。有給が体調不良で減っていく。。。。