twitヘッドライン!

2008/03/31

健康とは

昨年末に健康診断をし、肝臓がどうやら怪しいので3ヶ月後に再検査をして下さい。
と健康診断を行ったセンターから宣告されました。

そこには一言「やせるように心がけて下さい」と一言添えてありました。
一文で痩せられるならとっくに痩せています。まぁ向こうとて忠告しない訳にはいかないんでしょうが。

そんな事で朝から再検査に言って参りました。

とはいえ後ろめたい気持ちが満天でした。
なぜならば、再検査の3日前から酒は禁止だったから。
月曜の3日前って金・土・日ですよ。僕も一応若者のカテゴリに属する身としてはそれは酷な話しです。
とはいいつつも毎週飲んでる訳ではないのですが、今回はなぜか金と日に飲酒の予定が。
金曜も朝まで飲み、土曜は空けたものの日曜日は地元まで足を伸ばし飲んでました。
今住んでいる場所から地元までは1時間半かかるので終電が結構早い。
新婚さんのお家に遊びにいったので、幸せな空気および奥さんの手料理を肺と胃袋に詰め込んでいたので、
お察しの通り終電を数分遅れ途中下車を余儀なくされた俺は途中からタクシー。
なんとか家に着いたのは1時を大幅に過ぎた頃。

前日までの飲酒に加え寝不足という悪条件の中健康診断に出向いたのでした。

カウンターで受付をしている時にまさかの事実が判明。
受付のお姉さんに朝食は抜いて来たのかと訪ねられたのです。
えっ!そんなの知らない!
カウンターのお姉さんによる、まさにカウンターの質問に俺の顔が引きつりました。
お姉さんも察したらしく苦笑い。
その状態で再検査をしてもちゃんとした検査はできないかもしれませんよ。
と、俺に帰宅を進める。しかし俺も男である、朝食はモリモリ食べたがここで引き下がる訳にはいかん。
ここは黙って検査の続行を要求。しかし心の中では絶対に前日に酒を飲んだなんて言えない・・・とハラハラしていました。
案の定飲酒の有無を聞かれましたが、笑顔で嘘をつきました。
お姉さんは一応先生には伝えておきます。と、俺の今朝食べた献立「チャーハン」と小さなメモを書き留めました。

検査の内容は問診と血液検査。
一緒に検査を受けたMさんと一緒に問診の順番を待つ。
問診質の前には担当先生の名前が書かれています。
「Mさーん 2番の部屋の前でお待ちください。」
2番の部屋は女性の名前でした。女医の予感・・・。
やがて俺も呼ばれ
「蛙さーん、1番の部屋の前でおまちください。」
1番は男という事実。

順番が来ると部屋の中にいる先生がマイクで外にいる患者を呼ぶシステムになっており、先に呼ばれたMさんの名前が呼ばれました。

!!美人の声や!!

確かにMさんを呼ぶ声は美人声であり、俺の耳から脳みそへ貫通していきました。
それを知ってか知らずか、部屋に入っていくMさんの顔は今思えば微かにほくそ笑んでいた気がします。
キーーーーーーーー!!!

そして俺の先生はアルピニスト野口健をぽっちゃりさせた感じの先生。
もちろん話しは俺の体系の話しになり、俺の健康診断の結果を見ながら
「コレステロールも血圧も高くないから、おそらく脂肪肝でしょ。
ようはアレです。フォアグラです。」と言い切りました。
俺も
「じゃあおいしい感じですね・・・へへへ。」
と返すと、先生は
「そうですねおいしい感じです。へへへ」と返して来たので、
その場は肝臓に脂肪を付けた笑う豚と、それを笑うアルピニストという異様な空間になりました。

とりあえず痩せる様にと予想通りの事を言われそのまま採血へ。
針を刺される直前の緊張感がたまらない俺としては一瞬のクライマックスを楽しんだ後は一気にお疲れムード、嘘かと言われるかもしれませんが若干頭がクラクラしました。
Mさんに問診の時の先生がきれいな人だったと告げられると、俺はアルピニストとの事を思い出し同じ内容なのに不公平だとひどく不平を漏らしました。

会計を済ませると結果は一週間後に来いとの事。
どうせ肝臓はよくなっていないだろうな、それどころか別のところがだめになってそうだ・・・。

人が採血されているのを見るのは非常に怖い。

まさかの最高血圧108。正真正銘俺の血圧です。見栄なんて張ってません!むしろだめなんじゃないだろうか。









0 件のコメント: