twitヘッドライン!

2007/06/16

年金問題。

前回の内容と若干かぶりますが、珍しく時事モノでも。

最近社会保険庁の年金問題が世を湧かせていますが、投票率が低い日本の割にやはり直接現金や老後に直結するので問い合わせが半端無い事になっているみたいです。
そりゃ、何十年も貯めてた貯金を預けた先に
「忘れちゃった!紙に書いてたんだけどさ、パソコンにデータを写した時になんか忘れてたみたい。もう紙の方が無いからわかんないけどさ、お金預かった時に領収書出したじゃん?アレがあれば返すけど?」
なんて言われたらご立腹ですわ。

そんで電話での問い合わせがとんでもないからついこの間、民間から問い合わせ人員を募集(アルバイト)して増やしたけどそれでも足らないから今日さらに増やしたらしい。
当初用意していた数の6倍とか言ってたけど、一日の問い合わせの1/100しか対応出来てないらしい。
とんでも無い話です。

そんな内容のテレビを見てたんだけど、最終的にもっととんでもないモノを発見しました。

今日増設されたという社会保険庁が開設した電話対応センターの名前・・・その名も

ねんきんあんしんダイアル

やっぱネーミングに問題あると思う。
言いたい事はすっごいわかる、この不祥事続きの社会保険庁、ましてや大臣の自殺に引き続きの不祥事で与党を転覆させかねないこの問題。
少しでも国民の感情を逆なでしたくないのはすっごくわかる。

でもなんか馬鹿にされてる気がする。少なくとも「あんしん」はいらないと思う。
だって繋がる確率が1/100なのにあんしんはしないでしょう。
それに繋がったとしても結局5000万のデータが無い事には変わりないし、対象者だった場合は安心どころ卒倒してしまう「デスダイアル」になりかねん。
そこんところの配慮は考えたんだろうか。

そして極めつけに、そのフリーダイアルには何故かよくありがちな数字に語呂が振られていた。


ねんきんあんしんダイアル  0120-657830

0120-65(老後)783(悩み)0(ゼロ)

老後悩みゼロ


あほか!ずっと前から老後はしんぱいじゃ!
よくもヌケヌケとこんな番号を取得したもんだ。

やっぱり世の中にはコピーライターという職業は必要だと国が身を以て証明してくれました。

参考: 社会保険庁HP

0 件のコメント: