twitヘッドライン!

2007/05/03

もつべきモノは

昔からの言葉でもつべきモノは友だ。見たいな事を言いますが、先月自分の誕生日にじわっと感じる事がありました。


誕生日の翌日に予定はあるかと聞かれ、ないと答えるとその日は開けておけと言われる。
2月に友人の誕生日会をしたので、どんな事をしてくれるのかと期待をして待っておりました。

そして約束の日になり、指定された場所で待っていると誰もいません。明大前集合だったのですが、その日は春先だった事もあり明大学生で溢れ少し心細いです。
しばらくすると仲間の一人が現れこう言いました。
「レンタカー借りてくるから待ってて。」
おっ!レンタカー?郊外に出る感じ?いいね。斬新!

そしてしばらくすると集合場所にはもう一人仲間が現れ、レンタカーをとりに行った奴も戻ってきたので車に乗り込み、もう一人を家まで迎えに行きました。
軽のレンタカーに4人集まり準備万端。俺がどこへ連れて行ってもらえるのかドキドキしていると車は甲州街道へ出たところで停止しました。
まだどこへ連れて行ってくれるのかは教えてくれません!きっとサプライズがあるはず!


「さて、どこへいこうか!」
運転手はそう言いました。

ある意味サプライズ。ノープラン?

俺があっけにとられた顔をしていると先方はノープランでは無い事を説明、候補を出してきました。

  • せっかく車を借りたのだから郊外の駐車場が無料のカラオケ屋に行く。
  • せっかく車を借りたのだからどっか景色のきれいなところへドライブ。
  • せっかく車を借りたのだから郊外の駐車場が無料の回転寿し屋に行く。
ココまではなんだか現代国語のテスト問題みたいだし、ましてやレンタカーを借りたのが勢いみたいなのが見え隠れし、俺の心をくすぐる物はありません。
ってかそれって俺の誕生日を祝う気さえ感じられません。
しかし先方が最後に提案してきたプランは俺のハートを鷲掴みして話さない物でした。
  • 熱海秘宝館へ行く。
こ  れ  だ  !  !

憧れだった秘宝館。一度行くまでは死ねないと思ってた秘宝館。熱海って小田原の先でしょ?遠くない?って思ってた秘宝館。絶対に日帰りじゃ行こうと思わない秘宝館。収益が気になる秘宝館。

秘宝館へ行こうと提案され一瞬で上記の事が俺の頭を駆け巡りました。
俺、秘宝館に対してこんなにたくさんの思いがあったんだ…。なんてりぼんコミックスのヒロインみたいな事を考え、はっと我に返った瞬間俺は即答で秘宝館にしよう!と答えました。






秘宝館へ行くと決めた軽のレンタカーはハザードを消して走り出しました。
順調に東名に入り西へ西へと進んで行きます。
新学期が始まったばかりの平日だったので道は混んでいません。
1時間半ほどで高速を降りて海沿いの有料道路に入りました。
しかしこの道なぜかすごく料金所が多い。
あまりの料金所の多さに徐々にイライラし始め「金なら払うからまとめて払わせてくれ!」が車内で流行語になり始めたところで、そろそろ熱海は目と鼻の先です。

もう少しだというところで運転手が問題発言をしました。

「あのさ、ところで秘宝館って何があるの?」

what`s?

驚きです。彼は秘宝館を知らずに俺を秘宝館に招待したのです。
しかし知らないのは仕方ない。本来秘宝館も表に出なくて然るべき事なので丁寧に隠語を多用して説明してあげました。
すると彼は「ああそういうことか〜。」と納得していただけたご様子。しかし本当にそんなところ行って楽しいのとまだ腑に落ちないご様子。
まぁ行けばわかるよフフフ、と薄ら笑いを浮かべ俺は窓の外に目を移しました。
俺も行った事は無いんですが。

興味があったので秘宝館を知らない彼に秘宝館がどういった場所だと思っていたかを聞くと
「世界の珍しい秘宝が展示されているのかと思った。」と少年のような純真無垢な返答が帰ってきました。
少し恥ずかしくなったのは内緒です。






そしてトンネルの合間から念願の看板が覗きました!



あ!!!!!!!










つづく

0 件のコメント: