twitヘッドライン!

2011/04/23

気がついたら三十路 独身 親同居

浮かれたハワイ旅行の記事書いて地震が来て、気がついたら30歳になりました。

誕生日の前日くらいに風邪を引いて一週間治らないという大人の洗礼を受けたら、30代のせいにするなとお叱りを受けました。

そうですね。自己管理ですね。大人になります。

ハワイの続きは面倒になってきたので気が向いたら書こうと思います。

今年も友達の結婚多いなー。


2011/03/05

ハワイ二日目 前編

同じ年の男が結婚するというのはなかなか不思議なものだ。
数年前とはいえ、ひとつ屋根の下で生活していた男だから余計感じるのかもしれない。
とは言っても大学の同級生は結婚率が高くて近い友人でも8割はもう結婚してるんだよな。
むしろ俺はマイノリティだし、アラサーなんだから他人の結婚を不思議がってないで自分の事心配しなさいとっていう。
でも結婚してたらなかなかハワイまで行って友人の結婚式に出るなんてできないよなー、こういうのできなくなるのは嫌だなー
なんて朝を迎えたのは朝の6時半。
昨日時差に負けて寝たのが良かったようで頭はすっきりしている。
天気が心配されたけど、私の日頃の行いで晴れてくれた。

とりあえず腹が減ったので昨日買い込んだ食材で朝食を取る事にした。
ハワイ
今見たらキングサイズって書いてあるからもう少し小さいのがあったのかもしれない・・・

ハワイ
部屋に備え付けのトースター

ハワイ
上手に焼けましたー!

ハワイ
ハムとチーズを添えて、、、

ハワイ
できたー!ガッツリやー!

見てもらえればわかるとおり結構ガッツリ。
まぁ味はAMERICA!って感じです。ハムとか塩分すごいしチーズも塩気がきつかったけど雰囲気というスパイスが旨いと感じさせるから不思議。


*******


ハワイ


待ち合わせの時間まで少し時間が合ったけど散歩がてら歩いてみることにした。
別の友人が沖縄で結婚式をした時と、姉が沖縄で結婚式をした時に着たかりゆしを今回も持参した。
やっぱこういう格好は南国の気候に合ってるのねーなんて思いフラフラ歩いていたら、
白人に英語で道を聞かれた。

そうですか、そこまで馴染んでますか。



*******


友人の泊まるヒルトンハワイアンビレッジはその名の通りちょっとした村だ。
ハワイの一等地に広い敷地を構えてその中に高層のホテルを数棟、飲食店やお土産やその他店舗、プール、プライベートビーチなどTHEバケーションといった感じ。

広いと言っても今まで質素な作りの部屋に一人でひっそり息をしていた男には眩しすぎた。


やがて約束の時間になると、華やかなホテルのロビーの中で一際存在感がある二人がやって来た。
タキシードとウェディングドレス姿の新郎新婦の登場である。

ハワイ


ヒルトンホテルから車で50分くらいかけて式場に行くとは聞いていたが、まさかこの時点で会ってしまうとは・・・。
直前まで会わないと思っていただけに驚きも大きい。

いくらヒルトンとはいえロビーでタキシードとウェディング姿の人がいたらそりゃ目立つ。
なんかよくわからない人が寄ってきて話始めたり、外人におめでとうとか言われたり。
さすが外人だよね。

新郎新婦ともビジュアルがかなりいい感じなんで、浮いてるけど浮いてなかった。



そして颯爽とリムジンに乗り込み式場へ・・・。

ハワイ
お前は王子様か!

ハワイ

二人を乗せたリムジンは一足先に式場へ・・・。



*******


残った親族と私は別のバスで式場へ向かう。
とは言っても私は新郎新婦の親族とお会いするのはこれが初めてである。
見た目でファーストインプレッションが期待できないのでファーストコンタクトがかなり重要だ。
ココでミスると今日一日がとんでも無い事になる。今日一番の山場と言っても過言ではないかもしれない。
今回式に参加するのは両家ご両親、新郎側に父方の兄夫婦、新婦側に弟とアメリカよりレディが二人(※後述)
そこに私というなんとも異質な形での参加となる。

新郎新婦が話をしてくれていたらしく(そりゃあたりまえだけど)挨拶と雑談。
まぁまだ会って数時間なのでお互い探り探りである。

式場へ向かう前に、新婦の学生時代のホームステイホストのメリーさんとその娘ケイティを拾うことになっている。
ご家族のみなさんは一様に英語での会話について心配されている。
新婦はペラペラなので彼女がいる時はスムーズに会話が進むらしいが、彼女抜きのシュチュエーションはこれが初めてとのこと。
ココは俺のウィットに飛んだトークでメリーさんも両家ご家族の心も掴むしか無い!
更に心強いのは新婦の弟がいるということ。

彼は確か4つくらい年がしただった。
近い若者は英語くらい出来るだろう。彼が訳した日本語を横取りしてご家族に展開すれば俺の株が急上昇に違いない!
頼んだぞ!弟!



私の不安をよそにメリー&ケイティを迎えにバスは走りだしたのだった。

後編に続く。



ハワイ一日目

2011.2.12 19時20分発  成田→ホノルル行き。

成田空港


中華航空 CI018便に乗り込んだ私は中華航空のCAのレベルの高さに中国の勢いを感じずにはいられなかった。
機内食ではお決まりの「ポークorフィッシュ」二択に対し、ポークを選択した私は出された皿の銀紙を開けて現れたのはカツ丼。
たしかにポークだけども・・・・。中華航空なだけにそこは中華だろ。




大学時代の友達の結婚式に出席という大義名分のもとハワイに行ってきた。
別に招待されたわけではない。来てもらえるなら歓迎するよ!と行ってもらっている程度だ。
なんでわざわざ行ったかといえば、以前同じく大学の友達が沖縄で挙式を行い半分押しかけで参加した事がある。
そうなってくると今回だけ行かないっていうのもまたアレだなと思い、意地みたいな所が大いにあるのである。
あと単純にハワイは行ってみたいっていう。

★ ★ ★ ★ ★


12日の夜に成田を出た飛行機は12日の朝にホノルルに到着した。
時差に慣れていないので頭が混乱する。
入国検査などをしてやっと外の空気を据えたのが8時過ぎ、まずはHISの息のかかった人間が出国ゲートの外でプラカードを持って待ち構えている。
同じ場所に集まったグループ客は親族一同らしい。HISの息のかかった人に私も同じグループかと尋ねられる。
違う一人だ。と手短に伝えると「え?」というリアクションをする。
いや、別に珍しいもんじゃないだろう。と思いながら、もしかしたらそういう人ってあまりいないんじゃ・・・と不安になったりする。
まずはホテルにチェックインまで時間があるので大きな荷物は預けられるらしい、今から荷物を預けに行けとの事。
荷物を預ける場所着くとアンちゃんがワゴンの前で待ち構えている。
さっきのグループ客達ははじめから知っていたのか、必要なものは小さなカバン、大きな荷物はサクっと預けている。

アンちゃんが連れはどうした?みたいな空気を出す。
また一人だと伝えると彼は「oh…。」と言いながら貝殻の首飾りをおもむろに私の首にかけ始めた。
正直動揺した。ハワイに来ると首にかけてくれるアレの貝殻版だ…。
一人旅で浮かれ気分で貝殻の首飾りとか、どんだけハッピー野郎か・・・。
そもそも花でできたのがふつうじゃないのか?貝ってどうなんだ?ってか「oh…」ってなんだよ!
と、いろんなコトを考えた。

逆に考えなきゃいけない預ける荷物については何も考えられず、
バックパックで来た俺はココで荷物を預けてしまうと、15時のチェックインまで冬の格好でいなくては行けない事になる。
考えるのが面倒になり、貝の首飾りをかけたままバックパックを持ってバスに乗り込んでしまった。


バスは一旦ワイキキの中心地にあるロイヤルハワイアンセンターの旅行代理店の営業所へ行くらしい。
一人大荷物を持ったままバスに乗り込む。他の客たちは既に荷物を預けているようだ。
事前にそういう話だったのかもしれない。俺が聞いてなかったのか。

バスの車内では林家ペーパー師匠が車内のビデオでいろいろ説明するが、人選を間違えているのではないだろうか。
けたたましくて全然内容が入ってこない。
やがてHISの営業所に着くと各々オプショナルツアーの手続きやらなんやらを始めた。
オプショナルなどを申込んでいない私はここでリリースされる。

この時点で9時頃。ホテルのチェックインは15時だ。
今回の旅行は12日から17日の4泊6日だったが、2日目の式に参加すること以外はノープランである。
初日から大きな壁。


とりあえず営業所においてあったPCで周辺の情報を漁る。
検索して出てくるのは買い物の情報やビーチ、あとはオプショナルツアーの情報位で私の触角に反応するものはなかった。
幸いにも営業所に貸しロッカーが無料で提供されていたのでそこに荷物をぶち込み、ついでにTシャツ短パンに着替えた。
身軽になった私はとりあえずブラブラしてみることに。
まずは円をドルに変えて、ツアーで提供される市内を循環している無料トロリーを活用してみることにしよう。
主要箇所はこのトロリーで回れそうだ。



ハワイ
オープンでなくオーペンな所に英語圏の意地を感じる。



トロリーで回れそうな場所は主に3エリア。
ホテルや免税店、ブランドショップ、飲食店が立ち並ぶワイキキ
少し北に行くと大きなショッピングセンターが観光客に人気のアラモアナショッピングセンター
更に北に行ったダウンタウン
初日ですることも決まっていなかったのでとりあえずトロリーで回れるところは全て回ってみよう。


HIS専用のトロリーバスが市内を巡回していた。
ローカルや他の旅行代理店のトロリーもあり、HISよりも行ける所も多いようだったが不自由はなさそうだ。
HISのトロリーは2路線があり
”ロイヤルハワイアンセンター⇔アラモアナショッピングセンター”
”アラモアナショッピングセンター⇔ダウンタウン”
ダウンタウンに行くにはアラモアナで乗り換えが必要だ。
とりあえずトロリーで市内を回ることに決め。とりあえずアラモアナをどんなもんか見てそのままダウンタウンを回ろう。
一人なので他人の意見を聞く必要は無い。予定を決めてしまうのは簡単だ。


カンカンカンと鐘を鳴らしながらトロリーが走り始めた。
客席がオープンになっているので、外の風がそのまま当たるので、走りだすとなんとも心地がいい。
朝も早かったせいか、道も車内も空いていた。
綺麗に区画された町並みを縫うように進んでいくトロリーのおかげで何となく、どこに何があるか分かってきた。
街並みにも直ぐに慣れて、海外にいるような気があまりしない。
待ちを歩く人に東洋人が多いのと看板に日本語表記があるせいかもしれない。
以前タイに行った時と比べると、沖縄にいる感覚に近い気がする。

やがてトロリーはアラモアナへ到着した。
とりあえずアラモアナショッピングセンター内を散策することに。
とりあえずホノルル来たらいくでしょ?っていう所らしく、午前中にも関わらず大いに賑わっていた。
巨大なフードコートはアメリカを感じさせたが、まだ外国にいるという実感はなかった
店舗内をざっと見るが、買い物に興味がないので直ぐに飽きてしまう。
一番あがったのはアメリカのアップルストアを見つけたこと。
早速入ってみたが、アップルストアの内装は国を問わず統一されているせいで、日本の銀座や渋谷と大きな差は感じなかった。
強いていうのであればスタッフの多さだろうか。
アップルストアの無料WiFiでせっせとツイートした後、その場を後にした。

ハワイ
おなじみの佇まい。比較的ホテルに近い所にもアップルストアがあったけど気がついたのは最終日だった・・。
ハワイ
中の雰囲気は日本と変わんない・・・。
ハワイ

ハワイ


そういえば腹がへったと想い店内を見渡すといい匂いがするエリアを発見、看板には”SHIROKIYA”の文字が。
思わず例のアフロヘアーを思い浮かべる。
店内に入るとアジア系の惣菜屋が沢山並んでいる。デパチカっぽい雰囲気だ。
無数に並ぶ弁当屋惣菜に思わず心踊る。
そしてハワイの初食が塩焼きそばと唐揚げとか・・・。

ハワイ



★ ★ ★ ★ ★


ダウンタウン行きのトロリーに乗り込んだが、ダウンタウンってなに?
ダウンタウンにさしかかると、だいぶ生活館が出てくる様になった。
ブランドショップが立ち並ぶエリアとは違いチャイナタウンや地元の人が使いそうなレストランなんかもある。
For Leaseの看板がかかった空き店舗も目立つ。
だいぶアメリカっぽさが出てきた。
しかし時差と満腹になったせいかすごく眠かった。早くホテルでシャワーを浴びたい。そればかり考えていた。

ハワイ
素敵な感じのお店があったけど、時間が早かったのか開いてなかった。


バスはダウンタウンから折り返してまたアラモアナの方に戻って行く。
途中スポーツオーソリティを見つけたので途中下車。
日本のスポーツオーソリティとは違い、さすが本場だけあって半端ない。
ルームランナーをはじめ事務用品が富裕に売ってる。
アウトドア用品がべらぼうに安い。まぁ日本が高いのかもしれないが。
釣りコーナーが上洲屋レベル。
etc…

ハワイ
ジムを開こうと思ったらココで全部揃いそう・・・。

ハワイ
トレッキングシューズに限らずアウトドア用品が日本と比べてかなり安い・・・。羨ましい。

ハワイ
SHIMANOもガッツリあった。上洲屋かと思った。

ハワイ
最近見ないなーと思ってた元気寿司だったけど、ハワイにあるとは…。日本ではどうなんだ?元気なのか?



そんな感じでふらふらしていたらなかなかいい時間になった。
待ちに待ったチェックインだ。

トロリーを乗り継ぎスタート地点に戻ると荷物を引っ張り出しHISの妙にラグジュアリーなバスで宿泊先のホテルまで送ってもらう。
アンバサダーホテル。
早速チェックインを済ませ部屋へ入る。

広い・・・。アメリカのホテルはこれが普通なのか?
元々ペアのプランだったので別途が二つあるのは分かるが、キッチンとバスルーム、リビングまで。。。
一人なのに・・。部屋に入って改めて一人だという事を再認識させられた感じがした。
いつも一人で旅行にいく時はドミトリーみたいな安宿か、良くてもビジネスホテルなので戸惑ってしまった。

ハワイ
結局4泊したけど一個しかベッド使わなかった。ベットメイクの人はさぞかし楽だったろう。


ともかく念願のシャワーを浴びて服を着替えた。
すっきりすると急に眠気が襲ってきた。
時間は16時をまわっていない。
とりあえずネット環境を確保しなくてはと思い部屋に備え付けられているLANポートとMacを繋ぐ。
事前に調べていた情報だと1日8ドルだったが、どうやら無料らしい。得した気分だ。
ネットも確保できたので一度ベットに横になる。








はっ!
寝てしまったようだ。時差と昼間の移動が堪えたのかしばらく寝てしまったようだ。
時間を見ると21時を回っている。
はら減ったなぁ。と思いとりあえず飯でも食って今日はこのまま寝てしまおう。
ABCマートというワイキキじゃトップシェアのコンビニでビールと滞在中分の朝食を買い込む。

ハワイ
日本の食パンのクオリティがいかに高いか・・・


そんなこんなで私のハワイ一日目は終わっていくのでした。



ハワイ
ビールとか超でかいのね。

ハワイ
レッドブルも日本の一番大きいサイズ(左)から2サイズ上がある。

ハワイ
アメリカ人の発想過ぎる。日本人はあらゆるものを寿司にしてきた(主に100円寿司)けど、これは見たことない。わからなくないけど、、、





2011/02/12

ワイハに何があるのか。

どうも、ひょんなきっかけでハワイに行くことになりました。
まぁ友達の結婚式がハワイでやるって事で、別に呼ばれたわけではないんですが、
大学の同級生の結婚式は今のところ解禁なので、今回もいかないわけにはいかないな、と。

別に家族ぐるみでお付き合いがあるとかじゃないのでかなりKYではありますが、
ここは意地を張って行ってくるわけです。


2,3年前に行った沖縄同様、一緒に行く人がいるわけでもなし、4泊6日の内まるまる2日はフリータイムなわけです。
会社の人に
え?今、この時期に行くの?
っていう空気は気がつかないふりをして,,,

おらわくわくしてきたぞ!

あ、搭乗が始まったみたい。

それじゃ数時間後に。


安価はツイッターで受け付けます。
あとUst中継するかもw

2011/01/01

明けましておめでとうございます。


年賀状
Originally uploaded by aflog
去年の30日から始まった正月休みですが、29日の夜から毎日飲み歩いてすごく疲れて迎えた2011年。

今年の年越しは友達夫婦のモデルハウスみたいな新居で迎えました。
途中イチャイチャし始めたときは家を燃やしてやろうと思ったんですが
、その場にいる俺も俺なので仕方なく目をつむり、やり場に困った私はその家の飼い犬といちゃついていました。

今年の年賀状は構想は数ヶ月前からあったもののギリギリで仕上げたバニーガール。
素材のお姉さんは自前で調達しました。
写真は何パターンか作ったものの一つです。

今宛名を書いて新年になってから送るって言う自己満っぷり。ギリギリで仕上げてってさっき行ったけど仕上がってないっていう。

今日は地元で新年会です。

飲んだあと絶対にカラオケだよなぁ。

2010/12/29

年賀状2011


年賀状2011
Originally uploaded by aflog
来年の年賀状が完成。尽力いただいた方々ありがとうございます。
RちゃんとLねぇさん。
俺の思いつきだったのにどちらも仕事が早くて感想した!
まぁ作り始めたのが年賀はがきの締切日25日だったので元旦に届く予定はありません。

ごく身近な方々にお送りする予定です。

ちなみに来年まではモザイクをかけたモノを先出ししておきます。

2010/12/21

月刊になりつつある。いやそれすらも怪しい。


高幡不動尊 五重塔
Originally uploaded by aflog
twitterは楽だ。
俺みたいな中身の無いブログを書くにはもってこいだし、なにより思い立ったらすぐかけるからここを放置しがち。

もうやめてもいい気がしてきたが、長くたらたら書けるのがいいので続けます。

最近はどこにも出かけてないし、写真もあまり撮ってない。
ってかスキャン待ちのネガが溜まってるわね。

この写真は高幡不動尊の五重塔だけど、コレ撮ったのって去年だったかしら。
確かX-700で撮ったんだっけな?

なんかフラっと東北にでも出かけたい気分だけど2月は友人の結婚式がワイハであるようなので、必死でマイルをシコシコ貯める日々でござます。
予定次第だけど、ワイハ行きたいなぁ。

2010/11/14

僕の夏休み・・・。


やぁどうも。

前回はどこまで話したでしょうか。
9連休のという村八分覚悟の暴挙を決行して今これを書き始めたのは休みの最終日。
まさか書き終わるのが11月になるなんて思ってもいませんでした。

さて、大阪まで行って(行ってる途中)で気がついた、もしかしたらHUBBLE 3Dが休館日かも・・・説が浮上した所まで話しましたね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大阪にやっとついたというのにあの晴れない気分。
しかしまだサントリーミュージアムに直接確認のした訳ではないので、望みを捨てずに開館時間まで待つ事に、時間もあったので大阪の街を散策する事にした。

取り合えずアメリカ村に行けば大阪っぽさがある!という情報をツイッターで入手し、ワラにもすがる気持ちでフラフラっと歩き始めた。
iPhoneの地図を頼りに歩いて行くと「通天閣」の文字が目に入る。

「通天閣ゆうたらホンマ大阪のエッフェル塔やで!」
と頭の中で俺も知らない新しいキャラが嘘臭い大阪弁で俺に通天閣のプレゼンを延々とするので、アメリカ村に目的があるじゃなし通天閣に行ってみる事にした。
わざわざ電車で難波まで出たのに通天閣はそこから2駅ほど離れた場所に…。電車に乗ればよかった。

とはいいつつ歩いて行くと中々の距離だったが途中電気街みたいな所に出て、おっさん達がジャンクのワゴンセールに群がっている姿やマジコンの看板を見れたのでそこそこ楽しめた。
後日テレビでこの通りの映像が流れたのだが、野良wifiに無料乗りできる違法装置の販売摘発だった。

そんなこんなで歩いているとヌラリ通天閣が顔を覗かせる。

通天閣は怖い。
スカイツリーや東京タワーはでかくて怖いが、通天閣はでかいといってもそこらの高層ビルに比べたらでかいとは言えない。
何が怖いと言えば、一言で壊れそう。だから怖い。
富士急ハイランドのフジヤマはその高さでスリルを味わうが、
花屋敷のコースターは壊れそうだけど大丈夫?って部分でスリルがあるのに似ている。

そんなこんなで通天閣は怖ぇ~とスゲー昭和臭い位の感想でスルー。
時間のせいもあるかもしれないが店が空いていないのがすごくさみしかった。
しかし吞み屋とパチンコ屋は開店しているという「飲む・打つ・買う」の二つが目的ならば事足りない様だ。
休みとは言え吞み屋に午前中からおっさん達がアルコールを順調に流し込み、
パチンコ屋のノボリには”あほ出し”の文字を見ると「ああ、大阪にきたんやな。」と思わず大阪弁になってしまうのはご愛嬌。
パチンコ屋も昭和の雰囲気で”ホール”や”パーラー”と言った方がしっくりくる感じ。
覗くと台もだいぶ古いものが沢山ある。
思わず古い羽根物の台に座る。
どうせ時間があるんだしとハンドルを握る。
旅先でパチンコを打つと負けるというジンクスがあるのだけど、モチロン今回も例外ではなかった。

これでHUBBLE 3D見られなかったら、通天閣のパチンコ屋に夜行バスで来た人になると思うとぞっとした。
あ!そうだサントリーミュージアムに電話しなきゃ!
時間はすでに11時を回っていた。あぶない、本来の目的を忘れる所だった。


携帯でサントリーミュージアムへ電話をかける。
正直この時点で8割諦めていた。ダメだったらたこ焼きでも食べて新幹線に乗るつもりだった。
「あのー…今日ってそちらのシアターってやってますか?」
『(少し食い気味で)本日は開館しております。』
思いがけない回答と少し食い気味だったお姉さんの声に思わずもう一度確認のする。
「シアターですよ?やってるんですか?」
『本日はミュージアム、シアター共に開館しております。シアターでしたら12時の回と13時の回も御案内できます。』

まさに奇跡である。
下手にパチンコでフィーバーしなくてよかった、危うく旅打ち旅行になる所だった。
それを聞くや、タクシーに乗り込んだ。
おっちゃんはコテコテの大阪人と見えて車中は喋りっぱなしだ。
私も少々興奮状態だったのかおっさんと会話している間にサントリーミュージアムへ到着。
シアターの上映している2作品のセット券を購入。
通常1作品¥1,000のところ、セットだと2作品で¥1,600だ。これはお得。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サントリーミュージアム[天保山]のシアターは一つしか無いが、2つの作品を交互に上映している。
そのため私がシアターに着いた時間はちょうど「ゴッホ:天才の絵筆」2D日本語吹替版が始まるところ、
せっかくなのでこちらも見ていくことにした、HUBBLE 3Dの前哨戦だ。

シアターに入ってまず驚くのがスクリーンの大きさ。
大きいというより縦の高さが印象的だった。
もちろん横にも大きいのだが、天井が高く普通の映画館とは明らかに雰囲気が違う。

前で見るよりも上に上がったほうがいいと思い、後ろから3列目真ん中の席に陣取った。
なかなかいい感じである。

やがて上映が開始される。

視野範囲がスクリーンになるといういうのは実に素晴らしい。
最初はスクリーンがでかいのは観る範囲が増えるから疲れるかなぁと思っていたが、
いざ見てみると、大きく映される映像は絵の細かな筆使いや、細部の輪郭まではっきり映しだす。
すぐに慣れてしまった。といいうか引きこまれた。

内容はゴッホの生涯とその作品を合わせて追っていくもの。
普段絵画を見に行く事は稀だが、美術館等で見るよりも解説やバックグラウンドも合わせて入ってくるので非常に有意義。

前哨戦と馬鹿にしていた事もあり、そのギャップで完全にやられてしまう。
40分の上映が終わると物足りなさが、、、。


下手にパチンコが当たってしまい、これを見逃していたらと思うとぞっとした。



完全入れ替え制の為、一度席をでて再度HUBBLE 3Dの開場まで並ぶ。
また列に戻ると既にHUBBLE 3D目当てのお客が列を作っている。
聞いた話だとあまり人気がないという事だったが、そうには見えなかった。
まさに老若男女がHUBBLE 3Dを見に列を作っているのだ。

とは言ってもサントリーミュージアムのシアター取り壊しを覆すほどのものではなく、残念な気持ちだ。
取り壊し数年後にここに並んでいる人たちとそういえばああいうシアターがあったんだよなーなんて思いを共有するのだろうか。
なんて思ってたけど、共有するどころか俺は一人だった事を思い出し、俺の心の引き出しにしっかり閉まっておこうと心に決めた。


3Dは更に凄かった。
まさにそこにNASAのパイロットがいるような臨場感。
宇宙空間を自由に移動しているかのような描写。
3Dが客寄せパンダではなく3Dであるゆえの表現を見事にIMAXシアターで実現している。
実に感動した。

内容はHUBBLEの修理ミッションのNASAの苦労話と元気になったHUBBLEが捉えた貴重な映像の解説。
個人的には後者のボリュームがアップしているバージョンがあれば抱かれてもいいと思った。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


帰りに大阪の友人を訪ねしばしの雑談。
新幹線の時間に余裕がなく30分位だったが、又来ると告げてホームへ。

新幹線に揺られながら、新幹線の早さなど宇宙にとったら止まっているに等しいんやで。と、
中二病全開で帰路に着くのでした。











2010/10/27

独自ドメイン始めました。


新宿
Originally uploaded by aflog
なんか流れでaflog.infoドメインを取得しました。
テストでとったんですが、どうせだったらブログも独自ドメインにしようって事で今日から
http://blog.aflog.info
になってます。まぁ前のURLでも全然接続できるんですけどね。

前の記事の続きもろくに書かないブログなんですけど。


2010/09/20

企画倒れて夏。

9連休という同僚から見たら謀反と言われても仕方のない暴挙。
中東の某国であれば半身を地中に埋められて投石の刑に値するのではないか。
T氏にはフジロックに行く際に夏を終わらせてこいと言われたのは僅か一ヶ月前だ。

私は今大阪へ向かうハイウェイバスを待っている。
新宿の新南口の乗り場は連休という事もあってかバスを待つ客で溢れている。
俺が乗るバスではないが”青春”が名前につく格安バスがあるらしく周りは学生と思しき年齢の若者が楽しそうに酒を飲んでバスの出発時間を待っている。

大阪への目的は映画である。

とりわけ映画が好きという訳ではなく、むしろ映画は疎い方だが私が見たい映画は一味違う。
アバターで話題になったIMAXシアター。
IMAXシアターでは日本最大のスクリーンを持つサントリーシアターでハッブル3Dが上映されているのだ。
どうやら3D映画の醍醐味を存分に味わえると評価が高く、まるで宇宙空間を漂っている錯角に陥るという。
キャッチコピーは”宇宙に行くか、3Dで体感するか”である。
できればどちらもお願いしたい次第だ。
宇宙はしばらく行けそうにないが、3Dで体感するのは大阪まで行けばいい。
それならば先に体感したい。

休みが取れないと思ってた9月の連休にスケジュールの見直しがはいって休めたもんだから
10月で上映が終わってしまうハッブル3Dを慌てて見にきた次第だ。
しかも日本最大を誇るIMAXシアターが年内をもって閉館になってしまうという。
これは一生に見れないかもしれないという思いが私を大阪まで連れていったのだと思う。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

22時50分新宿南口発のバスは7時40分には大阪駅に着いた。
約9時間弱の移動はさぞかし辛いものだろうと思ったが案外快適だった。
移動時間の大半は寝ていたし、私のシートは一人がけで独立しており、後ろに人も居なかったのでシートもゆったり倒す事ができた。
しかし出発して2時間も経たないときに絶望的な状況に陥る。
サントリーミュージアムの場所を細かく調べていなかった私は、大阪にはついてからの予定を決めようとネットでサントリーミュージアムのホームページを検索した。
本来サントリーミュージアムは月曜が休館日なのだが、9月20日は連休の真ん中という事もあってだろう、例外的に開館しているようだった。
それは東京にいる段階で知っていた情報。
バスので改めてホームページをみるとどうやらミュージアムとシアターは必ずしも同じ日程で開館している訳ではなさそう・・・。
あれ?もしかしてやってない?

まさか・・
パスポートの期限切れでグアムに行けなかった思い出がフラッシュバックする。
でも・・・。月曜の例外の開館日に9月20日が含まれてない。し。

どうやらやってしまったらしい。
過去に大学の開校記念日に間違えて学校に行ってしまった時はうれしいハプニングだったが、
今回はいただけない。
だってもう山梨まできてしまったのだから。
走り出してしまったバスに引き返せ!など不条理な事も言えるはずもなく、バスが目的地に着くのを唯々黙って従うしかなかったのだ。

これは酒を飲まないとやってられない!と、バスに乗る前に買った酒があるのを思い出しカバンを漁った。
奇しくも手持ちの酒はサントリー角だった。
それを煽りながらふて寝をする事しかできなかった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大阪には過去に数回きた事がある。
始めての上陸がバンドのツアーという名の巡業で一回。
近々では仕事で先輩方についていった。これがちょうど一年前くらいだろうか。
どちらも車でナビに頼りっきりだったので土地鑑は皆無に等しい。
さっき大阪についてバスを降り、近辺を散策したら大阪駅の近くに梅田駅があってびっくりした。
同じ駅でいいんじゃないかと思うくらいの距離だ。
もう浜松町駅と大門駅くらい。

ついたはいいが目的がなくなってしまった今、私はただボーゼンと大阪駅に立ちすくんだ。
いつまでもこうしていても仕方ないとおもい、取り合えず帰りの新幹線のチケットを買った。
もしかしたら、何かの間違いでハッブル上映しているかもしれない!と思い。15時20分新大阪駅発の切符にした。

サントリーミュージアムは10時からなので10時になったら電話して見ようと自分に言い聞かせてそれまでの時間のつぶし方をかんがえた。
滅多にこない大阪だしフラフラ散策してみるか。市内バスに乗って町並みを楽しもうか。
などかんがえていたが、ヨドバシ梅田の看板を見つけ、つい足が向かってしまった。
こんな時間にやっているとは思えなかったが、不思議だ。アウェー感がヨドバシという文字からは伝わってこない。
今の私には駆け込み寺の様に感じた。
そのまま誘われる様に向かったヨドバシの一階にサンマルクカフェを発見。
ソフトバンクショップと併設だったのでwifiが入る!
そんな理由でここでブログの記事なんて書いてる。

嗚呼、なんて暇なんだ。
せっかく大阪まできているのに!

普段全くもって書かなくなったブログを書いてしまっている私の心境を察して欲しい。